見出し画像

Creative Coding Drill vol.7

※この記事はtkmh.me上で掲載している記事 (2016.03.01 掲載) を転載、加筆・修正したものです。

---------

第七回はOpenCVを使用した画像処理です。今回はシェーダ書いてません。
昔FLASHでつくったやつを移植してちょっといじった感じですね。

今回もopenFrameworksで実装してます。OpenCVのアドオンはofxCVを使用しています。

OpenCVを使用していると言っても、カメラの画像をthresholdメソッドで二値化しているだけです。
ActionScriptならライブラリとか必要ないんですけどね。。

二値化した画像をある程度のグリッドに分割します。その際のグリッドの1マスは、グリッドに含まれるピクセルの平均色になるので、二値化したままより色数は増えます。

そして、左上から走査していき、右隣、右下、下方向に同じ色があれば、正方形状に連結していく、という処理を入れてます。
ついでに、マウスのx座標によってthresholdのしきい値を、y座標によってグリッドの分割数を変えられるようにしています。

動体検知とか入れてもおもしろかったかも。
ソースコードは以下。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただければ、レッドブルを飲んでより頑張れると思います。翼を授けてください。

ありがとうございます!あなたの「スキ」が力になります。

Takumi Hasegawa (unshift)

東京でフリーランスのdeveloperをやっています。 ポートフォリオがリニューアルしました → https://unshift.jp/ | Facebook Pageはこちら → https://fb.com/unshift.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。